難しくてわからない!ファンドラップって何?

ファンドラップとは!?

ファンドラップを初めて耳にする方もいるでしょう。ファンドラップとは投資一任運用サービスの一種で、顧客の投資目的に合わせて複数の投資信託を選んで運用する事です。似たような名前のラップ口座とは違うのでしょうか。ラップ口座は契約金額が数千円から数億円の設定が多いようです。しかしファンドラップは金額が数百万円から利用できるもので、ラップ口座より利用しやすいのが特徴です。また、運用後の見直しなどのサービルを受ける事が出来ます。

ファンドラップの特徴

ファンドラップは投資のプロからアドバイスを受ける事が出来ます。投資初心者でも丁寧にアドバイスしてくれるので、投資に興味がある方にはいいですね。契約期間は1年間で1年毎の更新が必要です。ただ投資するだけでなく、手数料を支払う必要があります。ですので専門家の話を聞いて、そこまでの価値があるか自身で判断してから、ファンドラップを利用するか決めた方がいいですね。投資なので将来的にプラスになるならいいのですが

結局のところ簡単に言うと!?

ファンドラップとは資産運用に当たって、自身の投資目的・投資期間を合わせ投資方針を明確にし、投資信託のポートフォリオを構築し、運用する事です。つまり、投資家が証券会社などに資金を預け、資産の管理・運用をする事です。メリットは売買時の手数料がかからない事。リターンが高くなるようにサポートしてくれる事です。デメリットは運用管理手数料や管理手数料がかかることです。富裕層で資産運用が出来るくらいの資産がある方なら利用するのもいいですね。

ファンドの会社で実際に取引をする人は、能力によって年収が変化します。一般的に取引実績がいいほど、年収も増加する傾向にあります。