相続税の準備をしておくこと!相続税相談の相手とは!

相続税についての知識を

今はインターネットでどんな物も情報としては得られるといっても過言ではないです。ですから、相続税相談に関してもまずは自力で知識を身につけるべきです。どうすればよいのか、というのは大凡、わかりやすく纏められます。それですべてを知ったつもりになるのは避けるべきですが、それでも十分に良い行為であるといえますから、まずはよく考えて、インターネットを活用するべきです。相続税体系をよく理解して行動に移しましょう。

少しでも節税をすること

相続税を節税することができます。それらのことは弁護士などに相談するのがよいでしょう。最もやりやすいことは贈与することになります。贈与税がかからない年間110万円までを相続人に渡していおくことです。これがかなり効果的です。ちなみに乳飲み子にも渡すことができます。ですから、子供、孫などに渡すことができるようになります。一年では大したことがないとしても十年も前から実施していれば、結構な金額を非課税で渡せるようになります。

不動産として渡すこと

実は相続財産は現金で渡すよりも不動産で渡すほうがよいです。現金ではそのまま課税されることになりますから、これがきついわけです。しかし、不動産であれば、実は評価額が課税の対象になります。但し、すべてを不動産にしますと支払いができなくなります。相続税の支払いはキャッシュになっているからです。ですから、すべての財産を不動産や貴金属にするのはよくない、ということになります。それは注意したほうが良いでしょう。

相続税相談は、税理士に行うと良いです。相談から相続税を抑える方法などを法律や税制の観点からアドバイスしてくれます。