大きく差があく事も!?相続税申告を税理士を選ぶ3つの対策法

経験豊富な税理士かどうか?

税理士は誰でも知識や経験が豊富であると感じるかもしれませんが、相続税申告に関して経験が豊富な税理士はそんなに多くはいないのです。実際に税理士が行っている業務は、ほとんど会社の決算業務となっています。そのため相続税申告よりも法人の会計に力を入れている税理士が多く、相続税に力を入れている税理士は少ないのが現状です。それらの事を理解した上で、相続税を申告する際には相続税に特化している経験が豊富な税理士を選ぶ必要があります。

書面添付制度を採用している税理士かどうか?

書面添付制度とは、税理士が申告書を作成した際にその申告書の根拠や顧問先からの相談の内容などが記載された書面を添付する事を言います。つまりこの書面は、税理士が税務署にこの申告書は正しい内容であると説明する文書となるものになります。この書面添付制度は相続税に採用すると、書類を作成するのにとても手間がかかってしまうのです。また記入漏れなどがあった場合には、税理士の責任が問われてしまう可能性もあるため、この制度を嫌がる税理士が多いのです。

現地調査で不動産調査をする税理士かどうか?

相続税を申告する際に最も重要になるのは、不動産です。不動産は、評価方法や特例を適用するかどうかによって評価額が大きく違ってくるのです。そのため税理士が、現地調査をしないで立地や騒音や地形などを確認せず、相続税路線価と面積のみで計算する事により土地の評価額が大きく変わってきます。その結果、納税額も大きくなるため負担も大きくなるのです。さらに相続税申告の経験が浅い税理士は、土地の評価額をどれぐらい下げて評価をしたらいいのか分からない場合があるのです。

相続税の問題は、専門家である税理士に依頼すべきです。相続税の税理士を知りたい時は、口コミサイトがとても役に立ちます。