心理学は文系でも理系でもない!?大学で学ぶ心理学

心理学の中身を覗いてみよう!

心理学と聞くと、人の心に関して学ぶ分野と思われがちですよね?確かに、人の心についても学びます。しかし、その本質は「科学」なんです!実験も行うし、統計的な方法も使います。また、多くの分野があることもポイントです。対象が集団か個々なのか、視点が行動や生理的側面か人らしさなのか、など様々な観点を持っています。加えて、様々な分野がつながりを持っています。多くのことに目を向けてみたい人、心を科学として考えてみたい人におススメの学問です。

大学内の様子はどんな感じ?

筆者は現役の心理学科の学生ですが、他の学部に比べると自由度が高い学科になっています。心理学の中で様々な方向性があるために、必修の教科は最低限のもので、自分が興味のあるものを自分で選んでいきます。学生も色々な人がいます。理系だった人、文系だった人、大学院進学希望の人、就職希望の人、教職希望の人など、様々な目標やバックグラウンドを持った人がいます。だからこそ、自身の視点を拡げることもできますし、自分を見つめ直すこともできるんです。

実際に勉強は難しいの?気軽に挑戦できる?

中身が他の学問と比べて分かりにくい為に、心理学を嫌煙してしまう方もいるのではないでしょうか。色々な方向性があってやることが多そう、と思う方も多いのではないでしょうか。実際に勉強は、難しいというよりも複雑です。ですが、絡まった糸を解していくように、勉強すればするほど納得できる学問なんです!すべての科目がどこかで繋がっていて、勉強して無駄なことがないんです。入学してみると、意外と身近なテーマを扱うことが多いので、気軽に挑戦できますよ!

心理学の大学を探す場合、どんなことを学びたいのかよく見極めましょう。カウンセラーを目指すなら臨床心理学の先生がいる大学で無いと学びたいことが学べません。